小学生がゴルフで100を切った練習方法とは?!

スポンサーリンク

教材を読んで勉強する子供

 

ゴルファーの第一関門であるスコア100。

あなたは、すでに切っていますか?

アベレージ80台、90台で回れていますか?

100が切れずに悩む人が多いのが現実です。

ですが、これをなんと、小学校2年生で達成してしまった少年がいます。

その少年が誰か、想像できますか?

答えは・・・

松山英樹選手。

そう、日本人で初めて世界ランク3位になった、あの松山英樹選手です。

 

 

彼は、小学校2年生のとき、初めて大会に出場しました。

『四国ジュニア』というジュニアの大会でした。

そのときに、100を切ったそうです。

※もしあなたも100を切りたければこちらのページの内容が役立ちます。

ゴルフパーフェクトマスタープログラム

小学2年生当時、好きだったクラブはサンドウェッジ(SW)。

体も小さいので、ずっとSWを触ってアプローチグリーンや練習グリーンにいるのが好きだったそうです。

※サンドウェッジでの効果的な打ち方もこちらのレッスンの中で学べます。

ゴルフパーフェクトマスタープログラム

松山選手は中学に進み、ジュニアの大会に出ました。

中学1年生の大会のとき。

一緒に回った同い年の選手の中に、松山選手よりも、ドライバーショットで40ヤードから50ヤード飛ばす少年がいたのです。

その少年はスイングもきれいで、松山選手は、「スゲエ、こんな奴がいるのかよ・・・」と度肝を抜かれたそうです。

その少年が、誰かわかりますか?

その少年こそが、あの石川遼選手だったのです。

 

 

※人に驚かれるキレイなスイングを作りたい場合はこちらのページの「アドレス」を参照してください。

ゴルフパーフェクトマスタープログラム

その後の松山選手、石川選手の活躍はご存知のとおりです。

この2人が日本のゴルフ界を大いに盛り上げてくれました。

若い選手が、国内外で活躍してくれるとうれしいですね。

やっぱりゴルフは面白いと、再認識させられます。

ミスは出るけど、でもそれを補ってあまりあるほどの楽しみがある。

ただ・・・

それでもやっぱり、ミスは減らしたい。

ナイスショットを出したい。

フェアウェーのど真ん中を歩きたい。

そんなふうに思うのが、ゴルファーの常でしょう。

小学2年生で100切りした松山選手には及びませんが、今からでも100切り、その先のスコアを狙うことはできます。

その場合は、こちらのレッスン教材が役に立ちますが、現在は1週間限定でスペシャル特典がついています。

この機会を逃さず、あなたの、まだ知らないゴルフの実力を引き出してみませんか?

ゴルフパーフェクトマスタープログラム