ピン PING G430 SFT SFテック ドライバー

 

 

 

 

PINGのG430 SFT (SFテック) ドライバーは、ゴルファーが直接的な打球方向の改善を目指す際に適したクラブです。

スライスを軽減し、よりストレートで安定したショットを実現するための機能が搭載されています。

このドライバーの特徴を見ていきましょう。

スポンサーリンク

スライス軽減のためのSFテック

G430 SFT モデルは、スライス軽減テクノロジー(SFテック)を採用しており、ヘッドの重心をヒール側に置くことでクローズドフェースを促進し、ドライバーのフェースを正しいインパクト位置に戻しやすくしています。

これにより、スライス傾向のあるゴルファーも直進性の高いショットを打つことが可能になります。

カスタマイズ可能な重量設定

ヘッドの可動式ウェイトを利用して、重心の位置を微調整し、個々のプレイスタイルやコースの条件に合わせたドライブを実現できます。

これにより、ゴルファーは自分自身のスイングバイアスを補正し、より一貫したショットを可能にします。

 

 

オプティマイズされたMOI

高いモーメント・オブ・イナーシャ(MOI)を提供することで、G430 SFT ドライバーはミスヒット時でも安定したパフォーマンスを発揮します。

これにより、ゴルファーはより許容性の高いクラブを手に入れることができます。

高反発フェースと新技術

フェースには、高強度の素材を使用し、打球時のエネルギー伝達を最大化するための新技術が取り入れられています。

これにより、フェース全体でのボールスピードが向上し、結果として飛距離も伸びます。

 

 

エアロダイナミックなデザイン

ヘッドの形状は空気力学を考慮したデザインとなっており、スイング中の空気抵抗を減少させることで、スピードの向上を図っています。

これは、スムーズなスイングを促し、結果として飛距離の向上に寄与します。

最後に

PINGのG430 SFTドライバーは、スライスを抑制し、一貫性と飛距離を求めるゴルファーにとって理想的な選択肢です。

細かな調整が可能でありながら、許容性と安定性を兼ね備えたこのドライバーは、多くのプレーヤーにとってゲーム改善の強力なツールとなるでしょう。