【ゴルフ】ドライバーの飛距離が30ヤードアップする正しい練習法

スポンサーリンク

ゴルフのドライバー

 

「ドライバーのスイングが安定しない」

「練習をしてもなかなか飛距離が伸びない」

と悩んでいませんか?

実は、ゴルフのドライバーは「あるコツ」知るだけで、スイングが安定し、軽く30ヤード遠くに飛ばすことができるのです。

スポンサーリンク

30ヤード飛距離を伸ばす正しい練習法

では、どうやって飛ばすのか?

こちらにゴルフドライバーが30ヤードアップする正しい練習法を公開します。

30ヤード飛距離アッププログラム

この練習方法は、2005年、2007年とドラコン日本一に輝いた山田勉プロが開発した飛距離アップの特別プログラムです。

今まであまりにも効果があるため、知っているのはごく一部の人たちでした。

しかし、本気で飛ぶドライバーショットを身につけたい方にのみ、限定公開されています。

初心者でも効果は抜群

初心者でも効果抜群の超シンプルなスイング法。

この方法を実践すれば、軽く30ヤードは飛距離が伸びるというのです。

こちらに、成功事例の声があります、

30ヤード飛距離アッププログラム

この飛ばしのスイングを身につけたあなたは、もう高価なドライバーを買う必要はなくなります。

シャフト選びやグリップの位置が決まらないなど余計な手間や時間を取られることもありません。

「飛ばしの技術」さえマスターすれば、長年苦しんでいたドライバーがウソのように、もう30ヤード飛ばすことができるでしょう。

また、どんなドライバーを使っても簡単に遠くに飛ばせるという自信が生まれ、今後一切、ドライバーが飛ばない
悩みから解放されることでしょう。

プロのドライバーが飛ぶ理由

なぜ、プロはアマチュアよりもはるかに、しかも楽に飛ばせるのか?

それは、スイングする時、「ある動作」を行うからです。

この一点を改善するだけで、今より飛距離が30ヤードも伸びてしまうのです。

では、「ある動作」とは一体何なのか。

ドラコン王が、こちらで詳しく語っています。

30ヤード飛距離アッププログラム

この動作を取り入れるだけで、非力なアマチュアゴルファーでも

  • 今より、楽に30ヤード飛距離アップします
  • ヘッドが最大限に走ります
  • ボールが芯に当たりやすくなります
  • ボール初速があがります
  • キャリーもランも出て球がグイグイ前にいきます
  • 効率よく飛ばす技術が身につきます
  • スライスやフェードがなくなります

このように多くのメリットがあります。

年齢によるジレンマも解消

「年齢とともにドライバーの飛距離が落ちてしまう…」

と悩んでいませんか?

確かに、年を重ねるにつれて筋力も低下してヘッドスピードが遅くなるかもしれません。

でも、まだあきらめないでください!

50代、60代でも、すぐに飛距離アップを体感できる秘策があるんです。

それがこちら。

30ヤード飛距離アッププログラム

この方法を実践すれば、年配ゴルファーでも今より30ヤードは楽に飛ばすことができます。

ミドルホールで2オンも夢ではありません。

飛距離アップのための3つのステップ

  • 今すぐ始められる「ある打法」を使い飛ばしのコツを覚える
  • 次に、ある打法と合わせて7つのポイントを実践する
  • そして、30ヤード飛距離アップを体感する!

たったこれだけです。

このステップを実践していただくだけで、飛距離が面白いように伸び、しかもスライスやフックが激減し、真っ直ぐな弾道に一変するのです。

飛ばしの極意をマスターしたあなたは、力強いスイングで周囲を圧倒することができるでしょう。

30ヤード飛距離アッププログラム